So-net無料ブログ作成

フランティセック・クプカ

František Kupka, ca 1928フランティセック・クプカ(František Kupka, 1871年9月23日 - 1957年6月24日)は、20世紀の画家。抽象絵画・非具象絵画の最初期の作家の1人。遅くとも、1911年から1912年にかけて制作された抽象作品が存在する。フランチセック・クプカと表記する場合もある。東ボヘミア(現・チェコ)のオポチノに生まれ、パリ郊外のピュトーにて没する。ウィーンの美術アカデミーで学ぶ。初期には、幻想的な具象絵画を制作している。その後パリに移り、具象絵画から、キュビスムの影響を受けて次第に抽象化が進み、1911年から1912年ごろには完全な抽象絵画に至った。1910年代、1920年代は、カラフルで有機的な抽象作品であったが、1931年には、アプストラクシオン・クレアシオン(1930年代の抽象絵画参照)の主要メンバーともなり、1930年代には、幾何学的傾向が強まっていった。一般に、オルフィスムの画家に分類されることが多い。日本における主要な展覧会クプカ展(1994年・愛知県美術館・宮城県美術館・世田谷美術館)日本語の主要文献上記展覧会の展覧会カタログ関連項目抽象絵画 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%97%E3%82%AB」より作成カテゴリ: チェコの画家 | 1871年生 | 1957年没隠しカテゴリ: 美術家関連のスタブ項目

「撮り鉄」運行停止捜査、大阪府警が実況見分へ(読売新聞)
企業献金全面禁止で首相「早期に結論を」 衆院予算委が実質審議入り(産経新聞)
妻に灯油掛け放火=殺人未遂容疑で夫逮捕−茨城県警(時事通信)
日赤、ハイチ大地震活動報告(産経新聞)
劇団ふるさときゃらばんが破産=全国各地で公演、負債6億円(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。